めぐみの気まぐれガールズトーク

更新停止中。年内に消滅します。

女装して満員電車に乗った話。

東京長期滞在中は基本、住んでた場所で女装してから外出しておりました。んで、夜の新宿に遊びに行こう!と決意したときも当然女装で移動しようとしたのですがそれにはやはりラッシュアワー時の移動が必要となります。

くっそう…山手線め…(´・_・`)

そもそもラッシュアワーの山手線初体験な上に、実は女装して電車移動自体が初体験です。って、まあ大丈夫でしょ、別に女装バレしたからって「このオンナ偽物だ!こいつオトコだぞ!殺せ!」って集団リンチを受けるわけじゃあるまいし。

ドギツイ冗談だ、と思うでしょうか。そこまで大袈裟じゃなくても、マイノリティはどこかで、ひょんなことで社会的迫害を受けるのではないかという恐怖を、大なり小なり抱えているものです。

まあそんな微かな不安など気にしないっちゃ気にしないのです。男は度胸、女は度胸です「どっちも度胸やないですか」。メイク完了!安心してください!(スカート)履いてますよ!というわけで夕暮れ時の東京の街に繰り出すのです。

当たり前ですが、まあ座れません。女装して沢山の人に囲まれもみくちゃにされておりますが正直女装して外出した時点でもう脳は女性モードに切り替わっておりますのですでに緊張などしていません。

おっと、すぐ近くの席が空きました。座れるっちゃ座れる位置ですが微妙に距離があります。いつもの習性で周りを見回して、他に座る人がいなかったら座ろうかな、とその一瞬考えました。んで、まあその席の真正面に立ってる殿方が座るよな、と思いいったん座るのを諦めました。

異変に気付いたのはその時です。





(ぬ……貴様ら、なぜ座らぬ…)

殿方たち、座らんだけでなくて微妙に私を見ている気がするのです。ぬ?もしかしてバレたか?奇っ怪なオカマがいるぞ?と怪訝に見ているのか?

次の瞬間!電光のようにひらめきが走りました!

(ももももしかして!





女性であるあなたに席をゆずりますよ


ってことかよ!)


時間にして数秒の出来事です。正直、びっくりしたのです。すいませんすいません、と低いイケボで言いながら慌てて座りましたよ。うわー。なんだ、このナゾの感動。

東京の殿方は、紳士すなー(´・_・`)私のような男だか女だかなんだかわからん得体の知れない生物であっても、なんかオンナっぽい何かがいれば、席を譲るのです。おお。なんか衝撃だ。赤い衝撃だ。山口百恵だ。おおっとなんだかわからんがすごい衝撃だー。屁の突っ張りはいらんですよ。

東京はやっぱりマイノリティに優しい街だな、と感じた出来事でした。以上。

↓よかネ!と思ったら読者登録をお願いします(≧∀≦)


ブログランキングに参加しています。この画像をクリックしていただけると大変助かります。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ツイッターもフォローよろしくです。アカウントの性質上鍵アカにしてる時もありますがご容赦。
平川めぐみさん( @shmegmeg )※

http://twitter.com/shmegmeg/

↓スターやブックマークも、もしいただけましたら大変うれしいです。