めぐみの気まぐれガールズトーク

究極の雑談ブログを目指して…

アルフィー(ある日)、親に3時間ぶっ続けで口汚く罵倒された。今週のお題「修学旅行の思い出」

今週のお題「修学旅行の思い出」

修学旅行の思い出ですか。旅館のテレビでザ・ベストテン見ましたね。

「トシ、なんぼじゃ(´・_・`)」

47歳ですがなにか?47歳だったら何が悪い!(草なぎくん調で

↓逆ギレしてガンつける大人気ない47歳

47歳であることを考慮すれば、別にザ・ベストテンを見るなんて当時普通に日常的なことであり、修学旅行の特別な思い出になるようなことではないと思われるでしょう。コレがなんで修学旅行の思い出かというと、まあ当時の色々嫌な思い出がですね。

カンタンにいうと家でテレビ禁止だったから思い出に残っているのですよ。家でなぜテレビ禁止だったか。それは当時私がウツ症状に苦しんでいたことと関係があります。

子供のころ知見の狭さゆえ自身で認識できなかった危機的状況を、大人になって知見を広げた後に客観的に見てはじめて、あまりにも危機的状況だったことに気づいて慄然することがあるのでございます。

抵抗できない相手それもローティーンの子供相手に大声で3時間罵倒すればそれは躾の域を完全に超えた虐待、傷害行為ですが。そんなことは子供だった自分には分からずただ、自分が悪いからここまで怒鳴られるのだ、自分は悪いコなんだという自己攻撃をするばかりで、そんなことをしでかした親が悪い、なんてことにまでは、思いが至らないわけでございます。

今客観的に思い返すと、あんたやらかしたねー(´・_・`)って感じです。キレて自分の子供を大声で一方的に罵倒する大人気ない当時40代の男性。感情に振り回され正しい行動が出来ない不安定なアダルトチルドレン。怒鳴る以外の教育法を知らない、教育者の才能に絶望的に欠けた親。そんなあなたのやらかしのおかげで、あんたの子供はその後3年間、ウツ症状に苦しむことになるんだぜ。

今にして思えばHSP的な傾向もあったと思える13歳の自分には、ちょっと罵倒されるだけでも相当な精神の圧迫があり、それが3時間続いたとき、自分の中で何かが「ボキッ」と折れる音がハッキリ聞こえたものです。

成績の低下が原因でそういう酷い罵倒を受けたのでなんとか成績を上げねば、と必死に勉強しようとするのですが、不思議なことに机に着いた瞬間に凄まじい眠けに襲われ一切勉強ができないのです。コレはおかしい、病気ではないのか?なんて、冷静なジャッジが出来るわけありません、なにしろ親の罵倒によって「お前は勉強をサボる、どうしようもない怠け者だ」という、強烈な暗示を入れられたのですから。

勉強が出来ない自分を責めるばかりの、地獄の日々。勉強をしろ勉強をしろとテレビを含む一切の自由を禁じられた、あの中学生の時の精神の地獄。

ヘンな言い回しですがね。子供がこんだけ苦しんでるときに親は何してたんだよって今は思いますね。鼻くそほじって屁でもしてたんでしょ。→こういう罵倒のうまさが親譲りであり負の連鎖

恋人たちのペイヴメント ALFEE - YouTube

つかの間、親と離れて久しぶりに見たザ・ベストテンアルフィー「恋人たちのペイブメント」がどれだけ心に染み渡ったか。

あなたにはわかりますか。わかんないよね。