めぐみの気まぐれガールズトーク

更新停止中。年内に消滅します。

女装メイク術!「ヒゲの剃り跡」攻略法。

メイク術の本やネット情報やらが氾濫しておりますが、「女装メイク」についてはまだまだ情報が少ないといえるのではないでしょうか。

「えっ。普通のメイクとなんか違うの?(´・_・`)」

ええとね。なんか、色々微妙にちがいます。

例えば、日本女性向けのメイク術にはいわゆる「平たい顔族」向けの、彫りを少しでも深く見せよう見せようとするノウハウがあったりしますが、なんも考えずに男性がそれをやるとですね。実は傾向として日本人男性は日本人女性に比べてやや彫りが深めであることが多いので、それをさらに強調してしまうことで不自然さが増し要は「オネエっぽくなる」ことがあるのです。

ドラァグクイーン目指すならともかく、街を歩きたいとか、外出はせんでも自然でかわいい女装写真撮りたいとか。そう考えるとなるべく、不自然さを抑える方向のメイクを目指したい。

そう考えたときにやはりさいきょうのラスボスとなるのが「ヒゲの剃り跡」です。

いいですかぁ、女性でも、お肌にシミなどありますと、コンシーラーで塗り固めたりしますよねえ。いわゆる顔面施工をしてない一般男性の場合はね、もうね、

口の周りが全部シミ

だと思ってください(´・_・`)

バッコバコ、塗り固めるのが基本でございます。

まるで、顔面に肌色のドロボウヒゲをお絵かきするかのようにあからさまにドーンと塗りまくってください。

それ以外のところに普通にファンデを塗ると、一瞬「なんだコレ…あからさまにヘンじゃんかよ…」と思うくらい、不自然に色ちがいの境い目が出来てしまいます。ですがご安心ください。境い目を、軽く指先でポンポン、ポンポンと叩いていきます。

境い目をなじませてしまうと、意外なくらい違和感がなくなります。

コレだけでもある程度は隠れるのですが、それでも角度や光の具合によっては、ヒゲ部分の暗さが青みに見えてあっオネエだ、という感じになってしまいます。

コレをカバーするために、ヒゲ部分に赤みをつけることが必要です。私の場合は、ほんのりチークをつけることで差し色をつけています。ベテラン女装勢の多くがこういうノウハウを持ってまして、例えばある人は「下地の上から口紅を塗ってなじませる」というワザを持っていました。とにかく、ヒゲ部分に赤みを入れることが重要なのです。

より自然に仕上げようと思ったらフェイスパウダーで全体的にボカして統一感を出すとなお良いですが、そこまでしなくてもとりあえず大丈夫です。やりすぎると塗ってる感が強くなる場合もあるので、各自微調整をお願いいたします。

↓やや塗りすぎ

↓いいネ!と思ったら読者登録をお願いします。


ブログランキングに参加しています。この画像をクリックしていただけると大変助かります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

ツイッターもフォローよろしくです。アカウントの性質上鍵アカにしてる時もありますがご容赦。
平川めぐみさん( @shmegmeg )※

http://twitter.com/shmegmeg/

↓スターやブックマークも、もしいただけましたら大変うれしいです。