めぐみの気まぐれガールズトーク

更新停止中。年内に消滅します。

女装者から見て「オトコの9割はクソ」

今回、若干アダルティよりのお話になるかもしれません。苦手な方は、ご遠慮ください。

女装によって”男性恐怖症”が治った、というハナシを以前書きました。

こういう書き方だとなんかいいハナシっぽいというか自己変革的なハナシにも見えるというかそんな気もするのですが、でもね、少々口の悪い物言いをするとですね、

要するにアンタたちクソよクソ。

ぶっちゃけた言い方をしちゃえばアンタたちホントしょうもない連中やなー(´・_・`)とガックリ来て怖くなくなった、という側面も否めません。

ややこしいハナシですが、オンナとしてオトコに接するとき、まずは相手を「オトコ目線で」評価するのです。私にしてみれば、まあしてみるなってハナシもあるにはあるんですが。私は、私にとって大切なオンナなのです。この大切なオンナが、しょーもないオトコに引っかかって傷ついたりしないように「まず、俺が同じオトコとしてそのオトコを見ちゃる!」というわけなのです。

「ややこしいな(´・_・`)」

しかも、そのあとはオンナとして接します。要は男性女性両方の視点で相手を評価してしまうのですよどうしても。

ほんっとね!口ばっかりでベッドではただ身勝手なだけの「…表現はその程度にとどめとけよ(´・_・`)」そんなオトコならまだ多少はマシで、多くは、ロクに会話もせずにぺろ、ぺろ「表現!表現!((((;゚Д゚)))))))」

エヘン。(咳払い)女装するようになって女性のみなさんは本当にいろいろ大変な苦労をされてるんだな、と実感したことは沢山ありますが、その中のひとつに「クソつまらないオトコにムリヤリハナシを合わせなければならない」というのがホント苦痛なんだなってのがですね(´・_・`)

男性視点女性視点両方で見てどっちでも合格点の男性は、1割しかおらんのですよ。「同じオトコとして見てもコイツすげえ!オンナとして見ても最高!」ってオトコと巡り合うとホント、女性は素晴らしい人生を歩けますが、そういうオトコを評価できるようになるには数多くのオトコの失敗で学習しなければなりません。女性がオトコを学習するコストは、意外に高いのです。



今回の結論




結婚や交際を迷ってる相手がいたら、私のところに連れて来なさい!女装者が評価する「いいオトコ」が、最強の相手なんだぜ!
オトコの相談は、オネエに任せろ!

これこそが、コスパよく女性がオトコを学ぶ秘訣です。大事なことなのでもう一回言います、「オトコのことはオネエに聞け」、これが定説です「その言葉をオチに使うな(´・_・`)」

↓いいネ!と思ったら読者登録をお願いします。


ブログランキングに参加しています。この画像をクリックしていただけると大変助かります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

ツイッターもフォローよろしくです。アカウントの性質上鍵アカにしてる時もありますがご容赦。
平川めぐみさん( @shmegmeg )※

http://twitter.com/shmegmeg/

↓スターやブックマークも、もしいただけましたら大変うれしいです。