めぐみの気まぐれガールズトーク

更新停止中。年内に消滅します。

「引き寄せの法則」 vs 「やらかしの法則」。

前回記事に引き続き「引き寄せの法則」のハナシです。というか今回書くのは具体的には引き寄せの法則の暗黒面」です。

前回もちらっと書いたんですが、「引き寄せ」というより「やらかし」というのが実態に近いんですよね。

無意識のうちに、やらかす。ただし、良いことをやらかす。そういう風に、自分をコントロールする。

「…別にさ、無意識でなくても、意識的にやればいいことじゃんね(´・_・`)」

それがちがうんですよ。やらかし、というのは、本来、悪い意味で使うことが多いですよね。

人間は四六時中、無意識に悪いことダメなことをやらかしています。なんとなくムダ遣いをしながらおカネ貯まんねえなあ、とか言ってます。家計簿つけ始めたとき最初びっくりしたのが「いつのまにこんなにおカネが無くなってんだ!全然わからん!こんなに使ってねえぞ!」「銭湯で誰かにおカネ抜かれたんじゃないの?(´・_・`)」。死にものぐるいで行動を思い出すと確かに自分で使っているのです、でも家計簿やお小遣い帳をつける習慣がない人はそれを全然意識できません。そのギャップに気づいたとき、誰かが勝手におカネ使ってる?という感覚すら感じます。まさに「やらかしの法則」です。無意識という自分以外の誰かの浪費でなんでかおカネが貯まんない、のです。

f:id:shmegmeg:20180619054309j:plain:w290

無意識にジャンクフードに手を伸ばして後で後悔する人もそこらへんによくいます。食べものはまだしも、アルツハイマーにならない限り食べたこと自体忘れたりはしないので、カラダの不調が起こったとき「…食べすぎや(´・_・`)」などと自覚することはまだできます。が、「無意識のうちに為にならないものの考え方や言動をする人」というのもそこらへんにいっぱいいて、そっちの悪影響にはなかなか気づけません。

毒親」というキーワードがよく誤解されるのは、これはいわゆる虐待親とはちがう、ということです。毒親はむしろ「顕在意識下ではちゃんとした親」なのです。子供にちゃんとした衣食住を与え高等教育を授けるなんて当たり前であって、虐待親とは全くちがう次元でちゃんと生きています。ただ残念なことに、彼らは「圧倒的に親として教育者としての才能が無い」のです。

子どもの頃から私は、父に二面性があることに気づいていました。意識して「叱る」ときと、無意識的に感情を暴発させる「キレる」時とで、全然ちがう。

そういう、怒り方にも二面性があるというような。そんな不安定な親だとどういう子供が育っていくかというと。子供はだんだん、親の機嫌ばっかびくびくとうかがうという、不安定な子供に育っていくんですね。

これは父親的には無意識にやらかしていることなので、本人にしてみれば「俺はこんなにいっしょうけんめい育てたのに、なんで子どもたちは全員、何百万も借金こさえるアホに育ったのだろう?(´・_・`)」とフシギでしょうがないハズです。 ※兄弟で借金こさえてます☆

コレが、「やらかしの法則」の恐ろしさです。

「良いことをやらかす自己コントロール」の重要性がわかりますでしょうか。普段やってる悪いやらかしの半分でも良いやらかしに置き換えられれば、人生、かなーり変わるハズです。また、意識下でいくら良いことをやっても無意識の悪いやらかしの置き換えにはならないということも、おわかりいただけるでしょうか。

このテーマまだ続きます。いいネ!と思ったら読者登録をお願いします。


ブログランキングに参加しています。この画像をクリックしていただけると大変助かります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

ツイッターもフォローよろしくです。アカウントの性質上鍵アカにしてる時もありますがご容赦。
平川めぐみさん( @shmegmeg )※

http://twitter.com/shmegmeg/

↓スターやブックマークも、もしいただけましたら大変うれしいです。